NINJA WALK

NINJA WALK

鈴降稲荷神社(铃降稻荷神社/Suzufuru Inari Shrine)

鈴降稲荷神社

本能寺の変により将軍・徳川家康が大阪から本拠地三河へ逃げる際、
伊賀山中で道に迷っていたところ、聞こえてきた鈴の音の先に観音堂があった。この堂主より三つの鈴をもらうと共に付近の住民に道案内と警護をしてもらった。これがきっかけで召し抱えられた伊賀者は四谷に住み、伊賀組の鎮守として先の鈴を祀った『鈴降稲荷神社』を創建したという。
その後、『鈴降稲荷神社』は1695年に現在の地へ移された。

Home Page
開閉時間
最寄駅千代田線/赤坂駅 徒歩4分 丸の内線/銀座線/赤坂見附駅 徒歩8分
住所〒107-0052 東京都港区赤坂5-1

因本能寺之变将军德川家康被迫从大阪逃亡到老家三河之际
在伊贺山里了迷路,跟随听到的铃声找到了不远处的观音堂。堂主送了三个铃铛,同时也有4位居民帮忙引路并一路保驾护航。因此缘分,伊贺忍者被召到江户,在四谷地区安家并创建了祭奠铃铛的『铃降稻荷神社』,作为伊贺组的守护神。
此后,1695年铃降稻荷神社被移到了现址。

网址
开放时间
交通指南从千代田线/赤坂站 步行4分钟 从丸之内线/银座线/赤坂见附站 步行8分钟
地址〒107-0052 东京都港区赤坂5丁目1

When Ieyasu Tokugawa fled Osaka to his home town of Mikawa after the Honnoji
Incident, he was lost in the mountains of Iga. He heard the sound of a bell and
found the Kannondō. The owner of the temple gave him three bells and asked the
local people to guide him and protect him. This led the Iga clan to live in
Yotsuya, where they found a temple called “Suzufuri Inari Shrine” to enshrine the bells as the guardian of the Iga clan.
Later, the shrine was moved to its present location in 1695.

ホームページ
Opening hours
Access4 min. walk from Akasaka Station on the Chiyoda Line. 8 min. walk from
Akasaka-mitsuke Station on the Marunouchi/Ginza Line.
Address5-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-0052, Japan